大規模シナプス同定法による神経演算原理の解明

北西卓磨
(大阪市立大学 大学院医学研究科 講師)

2017年6月7日水曜日

ご挨拶・最近の論文

国際科学技術財団の研究助成に採択していただき、当ブログを書かせていただくことになりました、大阪市立大の北西です。よろしくお願いいたします。
https://sites.google.com/site/tkitanishi/

申請研究の背景になっている私たちの最近の論文をひとつ紹介させていただきます。

Kitanishi T, Matsuo N. Organization of the claustrum-to-entorhinal cortical connection in mice. J Neurosci (2017) 37: 269-280. [Pubmed]

脳のなかには、まだ機能がほとんど分かっていない脳部位がいくつもあります。脳深部の小さな神経核「前障」も、そうした部位のひとつです。この論文では、前障が特定の大脳皮質 (嗅内皮質) ととくに強く繋がっており、この前障→嗅内皮質という神経経路が、記憶の形成に重要な役割を果たすことを見出しました。

この論文で得た知見・培った技術をもとに、申請研究に励みます。

0 件のコメント:

コメントを投稿